お金借りる 水商売

夜職・水商売の人がお金を借りる方法

消費者金融のカードローンは昔はサラリーマン金融と呼ばれ、元々は会社勤めをしている人向けの融資サービスでした。今はサラリーマン以外の方でも、安定継続した収入があれば誰でもお金を借りることができます。

 

夜職や水商売(ホストクラブ・スナック・キャバクラなど)で仕事をしている方が多くいますが、そのような職業に就いている方でも消費者金融のカードローンでキャッシングサービスを利用することは可能です。

 

夜職や水商売は収入が不安定というイメージがありますが、安定的に高収入を得ている方も少なくありません。若い女性の方でも月収50万円とか100万円というようにエリートサラリーマン並みの高給を得ていて、十分な返済能力を持っている方もいます。十分な返済能力がある方であれば、お金を借りることは可能です。

 

夜職や水商売で収入を得ている方がお金を借りる場合でも、サラリーマンの方と同じように本人確認書類に加えて職場の在籍確認・収入証明書類の提出が求められます。お店に在籍している場合にはお店が発行した給与明細を提出します。

 

日雇いで仕事をしている方であれば、確定申告・納税通知書・住民税の通知書などで収入を証明することができます。夜職や水商売の方でも、勤務先の在籍確認は必須です。この場合には勤務先とはお店という事になります。

 

飲食店であれば必ず固定電話が設置されているので、申し込みの際にお店の電話番号を入力するようにしましょう。開店時間が夕方以降であれば、日中に電話をかけても在籍確認を取ることができません。

 

消費者金融に申し込みをすると、勤務先に飲食店が書かれていると電話連絡が取れる時間が尋ねられる場合があります。夕方以降でなければ在籍確認ができないお店の場合には、備考欄などにそのことを書いておくか申し込みの際に担当者に伝えておくようにしましょう。

 

勤務先の欄にはお店の名前ではなく、会社名を記入するようにします。特にチェーン店であれば、店名とは別に運営会社名が存在します。