お金借りる 専業主婦 カードローン

専業主婦なら銀行カードローン

専業主婦の場合、自分自身には全く収入が無い無職の状態なので、消費者金融でお金を借りる事は出来ません。消費者金融は貸金業法によって管理されている金融機関で、その中のルールの一つである総量規制対象の金融機関だからです。

 

総量規制とは借りすぎを防ぐ目的のルールの事で、年収の3分の1までしか借りる事が出来ません。もちろん収入がある人は年収の3分の1まで借りられますが、無収入の人はそもそも融資対象者とすらみなされていない事になります。

 

だから消費者金融で専業主婦が本人名義で融資を受ける事は出来ません。どうしても消費者金融を利用したい場合は配偶者の名義でお金を借りる事になります。

 

ですが、専業主婦でもお金を借りる方法はあります。その一つが銀行系カードローンを利用する方法です。
金融機関と言う点で歯消費者金融も銀行も同じですが、実は管理している法律が全く違います。銀行の方が銀行法によって管理されています。

 

つまり貸金業法は全く関係ないため、総量規制対象にもならないのです。だから収入があるかどうかという事は、融資対象の条件には入っていません。だから、銀行系カードローンであれば専業主婦でも融資を受ける事が出来るようになっています。

 

実際に専業主婦がお金を借りたい場合は、銀行系カードローンの申し込みをします。店頭窓口や無人契約機も有りますが、現在ではインターネットを利用する方法も便利だと高く評価される方法です。後はその銀行に口座を開設している必要がある場合も有るので、忘れずに口座を開設しておきます。

 

あとは金融機関の指示に従って申し込みを完了させ、審査を受けてから契約と流れて行きます。ただ、専業主婦の場合は自分自身には全く収入が無い状態なので、家計から毎月少しずつ借りたお金を返済して行く事になるのです。

 

その為、無理のない返済計画を立てる為にも、専業主婦でも利用できる銀行系カードローンは元々の借入限度額が少なめに設定されています。