お金借りる アルバイト パート

アルバイトやパートがお金を借りる方法

アルバイトやパートがカードローンやキャッシングでお金を借りる場合、利用条件を確認してから申し込みをする必要があります。一般的には20歳以上で安定した収入があれば良く、職業はバイトやフリーターなどでも問題ないと言われています。

 

しかし、審査の厳しい銀行カードローンの中にはアルバイトやパートは除外すると規定されていたり、年収が200万円以上必要であるなど制限されている場合があるため、これに申し込むとそもそも条件を満たしていないので審査には通りません。もちろんどの銀行でもこのような制限があるわけではないため、条件を確認して申し込むことが重要です。

 

10万円程度の少額であればそれほど問題になることはありませんが、希望額が高くなれば審査も厳しくなります。

 

カードローンやキャッシングでは属性から点数付けをして契約するか判断する材料にしていますが、アルバイトやパートは点数が低くなるので審査では不利になるため、他に点数を増やすことを考える必要があります。勤続年数の長さも見られているので、お金を借りるために勤務を初めてすぐに申し込みをするのではなく、1年以上は継続してからの方が信用を得やすいです。

 

審査の難易度も考慮してどこから借りるか決めた方が良いでしょう。銀行は金利は低いので優先して利用したいですが、審査は厳しいので契約は難しいです。

 

一般的な会社員であればそれほど気にすることもなく通るものですが、収入が低く、雇用形態も不安定なアルバイトやパートでは落ちてしまうことも少なくありません。そのため、金利は高くなりますが、消費者金融の利用も検討した方が良いでしょう。

 

総量規制の対象になるため、年収の少ないアルバイトやパートで高額の借り入れはできませんが、審査は銀行よりも甘いので通りやすくなります。また、勤務先に在籍確認の電話をされるのが都合が悪い時に、事情を説明すれば書類代用に切り替えられる場合があるなど、審査に柔軟性があるので便利です。