お金借りる 年金 カードローン

年金を担保にお金を借りる方法

年金受給者がお金を借りる場合、カードローンやキャッシングを使うのであれば契約条件を確認しておきましょう。

 

条件を満たしていないと申し込んでも審査には通りません。年金は安定した収入のように見えますが、扱いは金融機関によって異なります。アルバイトやパートなど、他の収入を得ていなければ対象外になることもあります。年金にも種類がありますが、65歳以上から支給される老齢年金の受給者の場合は年齢も問題になるので注意が必要です。

 

高齢者は病気やけがなどによる突発的な出費が多く、完済前に死亡する恐れもあります。これを警戒して上限年齢が設定されており、低いところでは申し込み時に65歳未満になっているため、受給開始したときには既に契約条件から外れています。69歳未満のところも多く、70歳以上になるとカードローンやキャッシングの新規契約は困難です。収入や年齢に問題がなければ審査を受けて信用されれば借りることができます。

 

年金受給者の場合はカードローンやキャッシングで借り入れするよりも、年金担保融資の利用を検討した方が良いでしょう。営利目的ではないので非常に低金利で借り入れが行えるのがメリットです。申し込んだだけで利用できるものではなく、審査は行われますが、厳しいものではありません。

 

お金に困っている人を救済するための制度であり、返済も支給額から天引きされる方式なので、貸し倒れの危険性が少ないからです。連帯保証人はいた方が有利な条件で利用できますが、いない場合でもる信用保証制度で金利を少し上乗せしただけで借りられます。連帯保証人が必須としてお金を騙し取ろうとする悪徳業者がいるので騙されないように注意しましょう。

 

また、年金担保融資は公的機関が提供するものであることを確認する必要があります。年金を担保にすることは公的な機関にしか認められていません。他の業者が行っていると違法であり、お金を騙し取られます。公的なものであれば年金が振り込まれる通帳や印鑑を差し押さえることはありません。