お金借りる 公的 低金利

福祉事務所でお金を借りる方法

どうしてもお金が必要といった場合で消費者金融やカードローンの審査に通らない、また生活をする上で困っているといった場合には公的機関でお金を借りるという方法もあります。

 

公的機関でお金を貸してくれる制度は生活福祉資金貸付制度と呼ばれるもので、これは低所得者世帯や障害者世帯、高齢者世帯など民間の金融機関からお金を借りることができない人を対象としています。

 

利用するさいには区役所や市役所または町村役場ではなく社会福祉事務所で行われます。これは行政が直接お金を貸し付けることができないためです。最初から社会福祉事務所に行っても良いですし役所でまずは相談しても紹介してくれます。

 

なお、用途はいくつかありますが基本的には当面の生活を行う上での資金を融資してくれるもので生活費や住居費などが対象になります。また必要な技能習得にも融資対象となる場合があります。いずれも国金ですから、条件さえ整っていれば利用することができますが、申請から融資までの時間は数日掛かります。

 

なお、日頃から蓄えておくものとしては生協があります。生協は生活協同組合で組合員となるために数千円程度の出資を行うことになります。この出資したお金はいずれ戻ってきますが、途中でも出資金を担保にお金を借りることができます。