お金借りる 個人事業主 カードローン

個人事業主・自営業者がお金を借りる方法

サラリーマンだった人が独立起業するためにはある程度の資金が必要になります。

 

資金はある程度は最初に準備していても、事業を行う中で資金不足が生じるなど、お金を借りなければならないケースもあります。最近、利用者数が増えているカードローンは資金使途が原則自由と言われています。買い物や旅行の時に役立つ存在になってくれるもので、個人事業主やフリーランス、自営業など安定した継続収入を持っていることで、審査時に決められた利用限度額の範囲内でお金を借りることは可能です。

 

但し、一般的なカードローンは資金使途が自由と言っても事業性資金での利用は出来ません。資金繰りに困った時でも利用が出来ると便利だと感じる人も多いかと思われますが、プライベートと事業とは分離して考えておく必要があるわけです。

 

最近は、法人向けのカードローンも用意が行われており、法人向けの場合はプライベートの利用と言うよりも、事業に伴う資金での活用が出来るメリットを持ちます。
これはビジネスローンなどと呼ばれているローン商品で、消費者金融や銀行、ローン専門会社などが用意を行っているため、金利を比較して選んでおくと良いでしょう。ちなみに、一般的なカードローンは、安定した継続収入を持つ人であれば、フリーランスや個人事業主、自営業などに関係なく、融資を受けることも可能です。

 

利用使途がプライベートなどの条件がありますが、申し込み時に必要書類を提出出来る状態になっていれば審査を受けることが可能です。

 

ちなみに、消費者金融の場合は、前年度の年収の3分の1未満などの制限があります。これは消費者金融が貸金業者に分類が行われていること、貸金業者には総量規制が適用される関係上、申し込み金額を決める時には注意が必要です。個人事業主がお金を借りる時には、最初に銀行と消費者金融のどちらにするのか、申し込み方法はそれぞれの会社毎に異なるため、便利な方法で申し込める会社を選ぶなどがお勧めです。