お金借りる 外国人

外国籍の人がお金を借りる方法

外国人がお金を借りる方法は、日本の法律に基づいて永住資格を取得しているかどうかで大きく変わります。

 

まず、永住資格を取得している人については、基本的には日本国籍を所持している人と同じようにカードローンやキャッシングを利用してお金を借りることが可能です。申し込む際に在留カードや特別永住者証明書を提出すれば、本人確認書類としても永住資格があることを証明するものとしても利用でき、多額のお金を借りたいのであれば給与明細書や源泉徴収票といった収入証明書類を提出すれば良いです。

 

ただし、外国籍の人だからといって審査の内容が変わるわけではなく、申込者に借入希望額にあう返済能力があるとみなされなければ、融資を受けることはできないので注意が必要です。

 

一方、永住資格がない人への対応は各企業で分かれています。銀行や信用金庫については貸し倒れのリスクが大きいと判断しており、ほとんどが外国籍の人への貸付けを行っていません。消費者金融会社についても貸付けをしない方針がとられている所が多いですが、まったく借りられないわけではなく、ごく一部ではあるものの条件次第では貸付けに応じている所があります。

 

永住資格がない外国人がお金を借りるためには、収入が十分にあるだけでなく、滞在可能期間内に返済を終えられるかどうかもポイントとされるでしょう。

 

カードローンやキャッシングを利用できそうにない外国人は、生活福祉資金貸付制度を利用すればお金を借りられる可能性があります。この制度は全国各地にある社会福祉協議会が運営しているもので、社会保障制度として位置づけられているところが銀行や消費者金融の貸付けとは異なります。

 

外国人登録が行われており、なおかつ6ヶ月以上現在の居住している所で生活をしていて、将来永住する見込みであることと、相談員と面談をして制度の利用が望ましいと結論づけられることが条件となっており、審査もあることから誰でも利用できるわけではありませんが、生活基盤を維持するのが困難な場合にとれる数少ない方法の一つです。