お金借りる 相談 知人

親兄弟からお金を借りる

例えばローンの延滞をしたり債務整理をしたりして金融機関から借入ができないとき、お金を用意する方法として一般的なのは身内から借りる方法でしょう。祖母や旦那にお願いするという方は多いですが、ほかにも兄弟や子供というケースもあります。

 

子供のころはおばあちゃんにお願いしてお金をもらっていたという方が少なくありません。身内にお願いする場合は頼みやすい人に依頼するのが基本と言えます。利息なしで貸してくれる場合もあるなど、少額を短期間借りる程度なら身内にお願いしてみるのも手でしょう。

 

最も確実なのは同居している家族にお願いすることで、この方法なら自然と返済しやすい環境にあると言えます。

 

身内からお金を借りる上で注意したいポイントは、どんなに身近な環境の人であってもお金のことは他人ということです。社会人になれば自分で稼いで生計を立てていく必要があるので、基本的に他力依存をしてはいけません。

 

祖母や旦那に借金のお願いをするのは気楽という人もいるでしょうが、返済能力がない状態で借りるのは得策ではないです。相手にも迷惑をかけることになるので、ここはよく考えるようにしてください。いずれにしても身内に借金の申し込みをするのはなるべく避けて、可能ならば金融機関に申し込みするのが得策です。

 

信頼できる友達にお金を借りる

身近な人からお金を借りるというのは、銀行系の金融機関からや他のところから借りるのと比べると、簡単なことと言うことはできます。場合によれば担保も必要なく、利息などは気にするなとか、返済はいつでも都合のいいときで十分というようなことになるので、有難くついつい甘えてお世話になりたいということになります。

 

先輩、友達、知人、状況によっては恋人とか異性の同僚という人にお願いすることもあるし、恥を忍んで上司に泣きつくということもあるはずです。

 

その人たちとの関係がどうか、その親密度はどうかということも影響しますが、こうした場合に心しておかなければならないことがあります。

 

自分中心で物事をかなえると、皆は自分のことを信用して、貸してくれるのだなということになりますが、実は中には、そうでもなく、疑いはあるものの今までのつきあい上仕方なく、貸してやるというケースも少なくないのです。

 

そうすると信用どころか、あいつには気を付けろということになります。それまでのお付き合いにヒビが入り、そこが発端で冷たい関係となることもあるのです。
だから頼みやすい関係であっても、身近な人かお金を借りるのは、覚悟を持ってするという気持ちが極めて重要になります。