お金借りる

簡単に今すぐお金を借りたいなら

冠婚葬祭や病気などで今すぐまとまったお金が必要な時もありますが、緊急な場合は周りにお金を貸してくれる人も見つけにくいので困ってしまいます。どうしても今日中にお金を用意したい場合は、審査の早い金融業者のキャッシングに申し込むことです。

 

審査の早い金融業者は、銀行よりも消費者金融の方が多く、最短30分で審査結果がでる所もあります。審査が早ければ即日融資にも対応しているので、今日中にお金を用意したい時はとても助かります。

 

消費者金融の店舗まで行く暇がない場合は、ネットで申込んだり携帯で申込むといいでしょう。ネットであらかじめ申しこんで審査を受けておけば、自動契約機で簡単に手続きができてその場でカードを受け取れます。

 

即日融資を受ける時に気をつけることは、受付時間が決まっているので、余裕を持って手続きをすることが大事です。必要書類が揃っていないと、審査が後回しになり融資も翌日になるので、必ず必要書類は揃えておいてください。

 

収入証明書などは、取り寄せるのに時間がかかるので、早めに申請しておくことが大事です。金融業者によっては、即日振込をする所もあるので、銀行の営業時間前に手続きをすませておく必要があります。

 

 

家族に内緒でお金を借りたならい

人生には時として予想外の事に遭遇する事があります。夢や目標を叶える為に新しいことにチャレンジしたり、病気や怪我で入院したり等予定外に出費が重なるタイミングもあるのです。

 

何があっても大丈夫な備えを行っていれば問題はありませんが、必要な金額に貯金が足りなかったり必要なタイミングが給料日前だったり等でお金を借りる必要が出る場合もあります。計画的な返済が可能であればキャッシングローンサービスは非常に便利なサービスなのです。

 

とはいえ、お金を借りる事は周囲の人にバレずに申し込みたいと考える人も多く、親にばれないようにとか旦那に内緒で借りたいと思うのです。誰にもバレない、お金の借りる方法としては店舗や無人契約機に直接出向いて申し込む方法があります。

 

急ぎの場合は先にインターネットなどで申込を済ませておいて店舗に出向き、必要書類を提出して審査の結果を待つ事が出来ます。在籍確認のために勤め先にローン会社が電話を入れることがありますが、それを望まないのであれば給料明細や収入証明書などを提出して代替えに出来る場合もあります。

 

仮に在籍確認の電話連絡が会社にあったとしても、事前に相談しておけばローン会社とは分からないように個人名などで問い合わせしてくれるなどの配慮もしてもらえます。郵送や電話連絡などで同居家族などにバレないようにする為には、全ての遣り取りを直接窓口で行えれば問題ありません。

おすすめの銀行カードローン

ゆうちょや農協、銀行などでは起業する人達に対して積極的な融資を提供しています。

 

しかし、一般的な個人の消費者に対して融資を行っているわけではありません。実際に、郵便局などで個人の消費者がお金を借りることは難しいですし、銀行であっても10万円や20万円といった少額融資を利用することはほとんどできません。

 

個人の消費者に対する融資でも、大型の融資が基本となっているのです、この点、銀行の中でも銀行系と呼ばれるサービスならば個人の消費者でも10万円程度の融資からでも利用することができます。

 

このようなサービスは、一般的にキャッシングと呼ばれているサービスです。キャッシングは、銀行カードローンなどとは異なって銀行系のカードローンを使ってお金を借りられます。銀行系のカードローンは、銀行カードローンと異なって貸金の範囲内でお金を借りられます。

 

キャッシングと同様のサービスなわけですから、審査基準もそれに準ずる審査が準備されているだけで全く難しいものではありません。

 

しかも、銀行系は銀行という名前が付いているだけであって、実際に経営を行っているのは大手の銀行グループの消費者金融です。そのため、消費者金融と同じような形でサービスを利用できるわけです。

 

おすすめの消費者金融キャッシング

消費者金融は比較的審査が緩めで、即日対応も可能などからもキャッシングの利用先で選ぶ人も多くなっています。

 

消費者金融のキャッシングはカードローンと呼ぶもので、銀行などにも同じようなローン商品が用意されています。銀行の場合は預金口座が必要になることもありますし、地方銀行などの場合は、住まいの住所などが営業エリア内に入っているなどの諸条件をクリアしなければならないケースもあります。

 

その点、大手の消費者金融や中堅の会社の多くが、住まいの住所などに関係なく申し込める、消費者金融は預金業務を行っていないため、口座を作る必要もないなどのメリットを持ちます。

 

大手や中堅消費者金融などの場合は、インターネットを利用してカードローンの申し込みが可能になっているため、申し込みや契約のために店舗に出掛ける必要がありません。

 

さらに、無人店舗を持つ消費者金融も増えており、無人店舗内に設置が行われている自動契約機を使えば、その場でカードローン用のカードを受け取り、キャッシングをすぐに行える利便性も兼ね備えています。

 

中小の消費者金融の場合も、ネットでの申し込みが出来る会社もありますが、規模が小さい会社などの場合、対面与信と呼ぶ店舗でのカードローン申し込みが必要になるケースが多いのが特徴です。

カードローンについて教えて!Q&Aコーナー

お金を借りれる年齢は何歳から?

借金する際、金融機関では返済能力のある人であれば誰でも融資をしてくれるわけではありません。年齢制限が設けられており、何歳から何歳までであれば利用できると決められているからです。

 

申込できる年齢の下限は、大体どこの金融機関でも同じです。この場合は20歳以上となっている場合が多くなっています。一部例外として学生ローン等であれば、18歳、19歳でも利用が認められる場合もあります。また、上限は金融機関によって違っており、70歳未満までとか75歳未満までと決められている状態です。70歳未満となっている場合は、69歳までであれば申し込みが出来ますが、誕生日が来て70歳になるともう申し込みが出来なくなる形です。ただ上限の年齢は申し込みに関しての年齢であり、返済の義務は何歳になっても残債が有る間はずっと残り続けます。

在籍確認はいつかかってくる?

消費者金融や銀行などのカードローンを申し込む場合、審査の最終段階として在籍確認があります。基本的にどのようなことがなされるのかというと、申し込み時に書いた勤務先に連絡、つまり本当に勤務しているかどうかの確認の電話が入ります。会社に電話というと身構えてしまいそうですが、実際には基本的なことをきかれるだけですし、金融会社名ではなく個人名でかかってくるので問題ありません。ですがやはりこの在籍確認の電話に抵抗がある人が多いということで、今は電話なしのところも多くなっています。その場合には、代わりの書類などの提出がありますので、希望のカードローン会社に申し込むときに電話連絡の有無と同時に確認してみるとよいでしょう。

無利息で借りる方法は?

キャッシングやカードローンでお金を借りる時にきになるのが、利息だと思います。
近年では、初回利用翌日から30日間無利息で借りることのできるサービスを行っている、金融機関などがあります。利息なしということは、給料日の前に借りて、次の給料日の時にすぐに返すということをすることで利息なしということになります。
子の期間内であれば、利用限度額の範囲内であれば何度でも金利ゼロで借り入れすることができます。
たあだし、このキャンペーンを利用することができるのは初回のみであることをしっかり理解して利用することが大切です。
30日以内に返済できる人や一回払いだけで返済したい人、余計な利息を払いたくない給料日前に少しだけ借りたい人などにおすすめのサービスになります。

銀行は総量規制対象外?

お金に関する失敗談というものはいつの時代にもあるもので、これらの失敗は、大概、返済することができないほどの金額を借り入れてしまうというのが主な原因となります。特に消費者金融から借り入れを行う場合には、利息がかなり高いこともあり、返済するにしてもなかなか元金までたどり着かないということがあります。

 

これを考慮してできたのが総量規制という規制です。この規制はお金を借り入れる際に、年収の三分の一を超える金額は新たに借り入れることができないというもので、今は消費者金融などでは厳しく規制されています。ただしこの規制は消費者金融から融資を受ける場合に適用される規制ですから、たとえば銀行などからの借り入れは総量規制対象外となります。

無職が借りる方法は?

無職であり、年金等の受給もない完全な無収入であれば通常は金融機関からお金を借りる方法はありません。そのため、家族や友人などを頼ることになります。
無収入であっても担保にできるものを所有している場合には契約できる場合もありますが、全く収入を得られる目途がないのであれば借りるのではなく最初から売却することを検討しましょう。
工夫すれば実質的には無職で無収入であってもカードローンなどの契約をする方法はありますが、お勧めはできません。派遣会社に登録していれば実際には勤務していなくても見かけ上は有職者になります。収入も50万円までなら証明書の提出を省略できる場合が多く、気付かれずに契約できますが、返済能力がないのに借り入れしているので自己破産したときに免責不許可事由に抵触し、借り入れが残る危険性があります。

ブラックが借りる方法は?

ブラックリストになっているとお金を借りるのが難しくなりますが、そのトラブルが解消できている場合には契約できる場合もあります。銀行や大手の消費者金融ではブラックリストでは審査に通りませんが、中小の消費者金融ではブラックOKのところもあります。中小ならどこでも対応しているわけではないので、事前に確認が必要です。この場合も通常のカードローンやキャッシングと同様に担保や保証人は不要になっているため、相手に信用されることが重要です。面談が必要になることもありますが、横柄な態度を取らずに聞かれたことには正直に明確な返答をして、問題なく返済できると信用してもらえればブラックでもお金を借りられます。
実際にはブラックリストの人がこのような消費者金融に申し込んでも落ちることが多いことは知っておきましょう。

自己破産が借りる方法は?

自己破産していると大手の消費者金融は利用出来ませんが、中小企業の消費者金融ならキャッシングやカードローンでお金を借りることが出来ます。大手では初めに機械で審査を行うため自己破産しているとその時点で落とされてしまうのです。中小企業の場合は自己破産をしていることが考慮されますが、生活再建されているか、返済可能な収入があるかなどを見てくれるので借りることが出来るのです。しかし、現段階で収入がないと借りられないことが多いので、まずしっかりとした収入があるかを把握するために、勤務先や勤務体形は重視されます。しっかりとした働き口があると審査はより通りやすくなります。中小企業でお金を借りる場合には、大手より金利は高くなり、返済も振込みのみというところが多いので注意が必要です。

母子家庭が借りる方法は?

母子家庭でもお金を借りることはできます。消費者金融や銀行カードローンの申し込み説明などを見ても、母子家庭だから申し込みを受け付けないとか、審査に通過することはないなどの記載は全くありません。基本的に、申込者が20歳以上の成人で、かつ安定した収入のある人であれば申し込むことは可能です。
母子家庭の場合、母親は働いていることが普通でしょう。もし母親は仕事をしていないという場合は申し込むことはできませんが、働いて仕事をしている以上は十分に申し込みの条件を満たしています。
仕事は正社員や公務員が最も有利なことは疑いありませんが、必須かというとそんなことはありません。派遣社員や契約社員でも十分に可能ですし、審査は厳しくなってしまいますがパートタイマーであっても可能性はありますから、諦める必要はありません。

サラ金・ヤミ金って怖いの?

ヤミ金とサラ金は混同されることが多いですが、全く別のものです。サラ金とは消費者金融のことであり、国から正式に許可を得て運営されている金融機関で金利も法律に従っています。サラ金以外である銀行の方が安心感はありますが、有名なところであればサラ金でも危険性はありません。
これに対してヤミ金は違法な業者であるため騙されないように注意が必要です。トイチと呼ばれるような高金利で貸し付けを行うので利息が膨れ上がります。近年はソフトヤミ金と呼ばれるような従来よりも金利が低いところもありますが、法外な金利であることには変わりがないため、お金に困っているときは闇金以外であることを十分に確認し、騙されないように注意しましょう。

土曜日・日曜日にお金を借りる方法

夜中や土曜日、日曜日など、金融機関や消費者金融会社が平常の業務を行っていない時間帯にお金が必要になった場合、既にキャッシングやカードローンに申し込み済みであればatmからお金を借りることが可能です。一般のatmであれば夜遅くまで、コンビニに設置されているatmであれば24時間利用することができます。
一方、カードローン等にまったく申し込んでいない、あるいは契約件数がひとつも無い場合は新規申し込みをすることになりますが、土日および深夜については店頭窓口は利用することはできないため、無人契約機かインターネット上から申し込みをする必要があります。どちらもその日のうちに契約手続きまで完了させられますが、インターネットから申し込んだ場合はローン専用カードの発行は後日になります。専用カードが欲しい場合は無人契約コーナーへ行って手続きをすると良いでしょう。